"等級がひとつあがったとする。G5=真球度誤差0.00013mm(0.013%)がG3=真球度誤差0.00008mm(0.008%)に。つまり性能が0.005%良くなりなす。車とか自転車で100kmのレースを走ったとすると、G5とG3のゴールは100km×0.005%=5mの差。スポーツを真剣にやった人ならこの差の意味はわかる。といっても100kmのレース中、ベアリングは何億回だか何兆回と回転してますから、そのたびに真球度(直径)分の差が出るので上記の計算以上の差は出るでしょう。"

フリクションはバカにできません。

真実はどこにあるの? : ボールベアリングの性能

(via claristar) (via exposition) (via teramoto)

ミニ四駆の世界もそう

(via tnoma) (via petapeta) (via mmqqbb, clarislab-deactivated20120425) (via gkojax-text) (via yaruo)

asiamoth:


  左から ベース ボーカル ドラム ギター に見える。


カネコハク-マテリアックス ‏@HaKu_dollop

asiamoth:

左から ベース ボーカル ドラム ギター に見える。

カネコハク-マテリアックス ‏@HaKu_dollop

attrip:

『話は全部 聞かせてもらった』│ひとこと!(ベータVer)
chptr22:

だんごさんさんはTwitterを使っています ズッキーニ我慢しろよ http://t.co/I3eMK9sKEh
"他社の友人から
「いま世界一くだらない会議に出てる」
ってメールが来たので
「まあまあそう言わずw」って返したけど会議の議題が
「上司に怒られた新人が、エレベータのスイッチを全階押すという報復に出て、他の階から苦情殺到、再発防止策を考える」
って内容だと聞いて白目剥いてる。"

Twitter / yontengoP

4.5Pさん。

(via kikuzu)

(cole107から)

petapeta:

30 оригинальных фото — Интересное — Релакс!
ileftmyheartintokyo:

IMG_0114 by Atsushi Hayakawa on Flickr.
ganpukudou:

佐々木希
ganpukudou:

佐々木希
surfsouthafrica:

John John Florence showing his skills at the Billabong Pro Tahiti. Photo: ASP / Will H-S

surfsouthafrica:

John John Florence showing his skills at the Billabong Pro Tahiti. Photo: ASP / Will H-S

(出典: aspworldtour.com)

"切符を間違えて子供で買ってしまった人が窓口で、「お金を払って大人にしてもらっていいですか?」って聞いてる。なんだか危ない発言だ"

Twitter / shun1sta (via amenokg)

どこまでイキたいの?ぼうや

(via petapeta)

(quote-over100notes-jpから)

"しかし現在の広島は知的で礼儀正しく勤勉な人達が暮らす美しい都市となった。
一方のアメリカはどうだろうか?
デトロイトはまるで原爆を落とされたかのようになってるじゃないか・・・。
アメリカ人は皆日本車を買うからデトロイトは退廃してしまった。
果たしてあの戦争で勝利したのは誰だったのだろうか?
ヨーロッパも同様だよ、戦後多くの車メーカーがドイツの車メーカーに買収されてしまったじゃないか。
果たして本当に戦争に勝ったのは誰だったのだろうか?
"

海外反応! I LOVE JAPAN  : アメリカによる原爆投下は戦争犯罪か!? 海外の反応。 (via petapeta)

(gkojaxから)

"15 :本当にあった怖い名無し:2012/04/04(水) 03:15:03.08 ID:YbpOrQa70 これが日本の農村の風俗


30年前に徳山ダム予定地で水没する運命だった徳山村に入って民俗調査したとき、
飲み屋のママが「「毎晩、若い衆が「やらせろ」と忍んでくるので本当に困る」」 とこぼしていた。
徳山など西日本の閉ざされた村では、後家さんが若衆の性教育をする義務があった。

 女子は初潮が来れば離れに住まわせ、赤飯を配った。
これが「おいで」の合図で、その晩から近所の若衆が娘の元に夜な夜な忍んでくる。
これを「夜這い」と呼び、1960年代まで、西日本では、ありふれた習俗だった。

 当然、子供ができるが、お腹が膨らめば、娘は忍んできた若衆のなかから一番気に入った男を夫に指名する権利があった。
若衆は、これを拒否することはできなかった。もし拒否すれば、村から叩き出されるほどの指弾を浴びた。 "

土着信仰や風習に関する怖い話貼ってけ。 (via yellowblog)

(gkojaxから)

"

吉本隆明は、フィリピンにいた日本軍元兵士の証言として、次のように紹介している[7]。

「日本軍は捕虜たちを残酷に扱ったと言われているけど、自分たちにはそんな自覚はちっともなかった。だって、炎天下であろうがなかろうが、日本軍にとっては一日10キロも20キロも歩くのは当たり前。いつも通りのことをやったら、捕虜たちがバタバタ倒れてしまっただけだ」

この証言について、吉本は「それだけ、軍隊における常識も、アメリカと日本では違っていたということ」と主張している[8]。

"

バターン死の行進 - Wikipedia (via saitamanodoruji)

(gkojaxから)

"夏から秋への繋ぎが雑。"

Twitter / muuneekii (via kazcorp)

(suzukichiyoから)